HOME > 5.11いい気分 > 部報第9号
 


2006年度 10月〜12月の活動報告


『我々がやっていることは、一般的にフリークライマーと呼ばれている人とは異なり、あくまでアルパインクライミングとしてのフリー登攀力を高めるための活動である。』(5.11いい気分 部報第1号より)
と、そんなことも忘れて(?)完全な「フリークライマー」となりつつあった我々も、今夏ようやくフリーのロングルートに足跡を残すことができ、「さて次の目標は?」と模索していた10月からの記録です。


第23回活動 10月7日(土)

 ・エナジー
 ・松野、横澤、土屋、相原

3連休は有笠の予定だったが、夜半まで台風並みの大雨だったため断念しエナジーへ。
おのおのトレーニングを積む。昼間はよく晴れた。



第24回活動 10月8日(日)

 ・湯河原幕岩
 ・土屋、相原

濡れているかなーと心配していたが岩はばっちり乾いていて、日なたでは暑いくらいの天気。
土屋さんは帰還兵狙い。相原はマグネットうりがももに取り付く。が、2人とも思うように登れない。
トライを重ねるごとにだんだん無口に・・・。
日が傾きかけた頃、土屋さんが帰還兵(10c)をめでたく完登。
帰途、BEERロング缶×2本/人で祝杯をあげる。


第25回活動 10月9日(月)

 ・金比羅岩
 ・松野、土屋、相原

肉体的に「3連登」が厳しい年頃になってきた。以前は当たり前だったのに・・・。
いつものように南面と東面は濡れている。べちゃべちゃの「カバのふく子 10a」でアップ。
松野さんは「ペガサス 12b」のトライを開始。
土屋さんは、グレードのカラい金比羅の洗礼を受けて10bで苦しんでいる。
私は一足先に失礼して、初めてのハリ治療に向かう。
3年ほど前から慢性的な左肩痛に悩まされていたのです。
友人に紹介されたハリ師は中国人女性で、婦人病、生理不順の治療には定評があるらしいが男性に施術するのは久しぶりとのこと。
あまり期待してなかったが、晩メシまでご馳走になっちゃったのでしばらく通ってみることにする。


第26回活動 10月14日(土)−15日(日)

 ・有笠
 ・松野、横澤、土屋、相原

2人揃うと雨が降ることが多い相原&横澤がヤル気満々で来ただけあって、キッチリ雨が降っている。
そんな中、全体的にかぶっている「アドベンチャーランド」でクライミング。
今夜も焼き肉。キャンプ場「ふれあいの森」はバーベキュー場が完備していて素晴らしい。
今回の魚介類シリーズは秋刀魚。脂がのって美味。

<今日のイレブン>
横澤: いかだ下り 11b、  疾風 11b
相原: いかだ下り 11b
<今日の自己最高グレード>
土屋: やもめの日々 10d  おめでとう!


第27回活動 10月21日(土)−22日(日)

 ・柴崎ロック
 ・山口(智)、相原

11月の連休に明星に行くこととなり、その前に石灰岩を登り込んでおきたいという気持ちから柴崎ロックに行きました。
「日本100岩場」にも載っていない、比較的新しい岩場です。(ROCK&SNOW 18号 p.69参照)
山口(智)さんは石灰岩初体験で初日は苦労したようです。
しかし2日目になるといきなりブレイクして「うまいぞギンナン 5.8」「エントツ 5.9」「初心者マーク 5.9」を立て続けにレッドポイント。
ステミングやキョンなど、だいぶワザを駆使するようになってきた。

この日、松野・土屋組は金比羅で登っていましたが、松野氏がしきりに『相原と智ちゃんは晩メシは何にするんだろう。電話してみろ』と土屋さんに命じたそうです。
しかしクライミング中の仲間からの急な電話は結構気になるもの。

相原「あっ。土屋さんから着信があったみたい。まさか松野さんが怪我したとか・・・」
山口「えっ! 電話してみます!」
(携帯から響きわたる土屋さんの声)
土屋「あははははは! 晩ごはん何食べるの〜? あははは!」←ややテンション高め。
相原・山口「・・・ ・・・。」
すみません。焼き肉でも鍋でもなく、コンビニ弁当でした。


第28回活動 11月3日(金)〜4日(土)

 ・明星山
 ・横澤、土屋、本多、相原

横澤・土屋は「フリースピリッツ」、本多・相原は「マニフェスト」へ。
ルートの詳細は会報記録をご参照ください。
課題がたくさん見つかったクライミング。でも、やるべきことがたくさんあって、ひとつひとつクリアしていくのは楽しい。
寒い寒いビバークの後、素晴らしい温泉に入り、海鮮丼を平らげ、横澤君と運転を交代しながら帰京。
途中、山口智ちゃん(有笠でクライミング中)から着信。
松野さんは「感謝のこころ」、智ちゃんは「しお豆 10a」をレッドポイントしたらしい。
感謝の心は、出だしをランジすると12+とも言われるルート(松野さんはランジで完登)。
智ちゃんは最高グレード更新。おめでとう!


第29回活動 11月12日(日)

 ・金比羅
 ・松野、横澤、土屋、山口智、相原

この日は木枯し1号。とっても寒い。だけど風のおかげで壁は完璧に乾いている。
松野さんは「ペガサス 12b」に絶叫トライで、我々だけでなく他のクライマー達からも注目を浴び、『ガンバ!』の大声援を受けたが惜しくも終了点クリップできずフォール。
土屋さんは「ぴょんぴょん 10c」をレッドポイント。
相原は数年来の課題「結跏趺坐(けっかふざ) 11c」にトライするが、相変わらずムーブがつながらない。
これ、もうやめようかな。


第30回活動 11月18日(土)

 ・金比羅
 ・松野、土屋、山口智、鈴木、相原

見学者の鈴木君を交え、クライミング。
松野さんは「ペガサス」やっぱり終了点直前でフォール。
(後日、レッドポイント。自己最高グレード更新となる12b、おめでとう!)


第31回活動 11月19日(日)

 ・エナジー
 ・横沢、井上、土屋、鈴木、相原

久々に井上さん登場。思い切りの良いクライミングは健在。
だんだん体が戻ってきた相原は久しぶりに12aのルートに取り付く。
1ヶ所とても遠いホールドがあり、深いキョンが正解らしい。
設定者泣かせの横沢君は軽いランジで解決。
私はどちらも無理でした。。。


第32回活動 11月26日(日)

 ・湯河原幕岩
 ・西山、山口智、相原

「サムシング 5.8」でアップしようかと、それっぽいルートに取り付いたが、やたらと難しく相原・西山ともに敗退。ルートを間違えたようです。
どうもこの辺のトポ(正面壁右側)はわかりづらい。
スパイダーマンは順番待ち。
スパゲッティよっちゃんにはトップロープが張られていて、結局桃源郷で数本登って帰りました。


第33回活動 12月2日(土)

 ・黒山
 ・山口智、相原

このところ黒山に来ると必ず「越生ライン  11c」を触っている。
既に一度完登しているルートですが、正確なエッジングとバランス、フィンガーパワーが要求されて、何回やってもムーブをつなげるのがとても難しい。
今年の春、松野さんが指の故障から復帰してきた折、『越生ラインがまた完登できたら、本物の復活だ。』というようなことを言っていて、私もそれにならったのです。
智ちゃんは「おっとりマミちゃん  5.9」をレッドポイント。
核心部を越えた時に『ヨシ!』と声を発するなど、松野師匠のスタイルをだいぶ受け継いでいるようである。
狙いのルートに打ち込む姿勢は素晴らしい。


第34回活動 12月3日(日)

 ・黒山
 ・松野、横澤、山口智、相原

横沢君は数年来の課題「テンが見ていた 11b」をこの日1回目でレッドポイント。
都合により午前中しか登れない彼はその後「天使の誘惑 11c」へ。
このルート、出だしの耳型フレークを取るまでが厳しいムーブで、ボルダーグレード2級と言われています。
その後は10aくらいですが持久力がもつかが勝負。
かつて矢野君は、出だしは割とすんなり解決できたものの持久力が続かず、終了点直前で悲しい叫びとともにフォールしていた姿が記憶に新しい。
そんなルートを横沢君は一撃し、そそくさと帰宅していきました。
山口智さんは前日の腕の張りが残っているらしく、「ティータイム 5.8」にトライするが完登ならず。
体は元気なのに腕が張って登れないのはもどかしいものです。
でも最近登り込んでいる智ちゃんの前腕には毛細血管がどんどん発達しているハズ。
このままきちんとトレーニングを続ければ、回復の早い立派な前腕になるからねと励ました。

<今日のイレブン>
 横沢: テンが見ていた(11b)、天使の誘惑(11c)=自己最高グレード  おめでとう!
 相原: まぜごはん食べようよ(11a)


第35回活動 12月9日(土)

 ・エナジー
 ・松野、横沢、矢野、井上、土屋、相原

朝から雨のためエナジーへ。
この日、私は忘年会翌日で二日酔いのためクライミングのことはよく覚えてませんが、終了後、とりあえず軽く飲みに行きましょうかということになって、しかしこのメンバーが軽くで済むはずもなく、しっかり飲み過ぎましたとさ。


第36回活動 12月10日(日)

 ・黒山
 ・土屋、鈴木、相原

天気は回復し、壁も乾いている。
前日、エナジーでヘトヘトになるまでキャンパシングまでしてしまったことをひどく後悔・・・。
しかし無駄なチカラが抜けたのが良かったのか、相原は3トライでようやく「越生ライン」を再登できました。

<今日のイレブン>
相原: 越生ライン(11c)


第37回活動 12月16日(土)

 ・黒山
 ・横澤、山口(智)、相原

『アルパインクライミングのことを考えて、これからはランジは控えるよ。スタティックなムーブを心がける。』と語っていた横澤君だが、越生ライン上部で見事な大ランジを成功させてレッドポイント(注:ふつうはカチをつないで登ります)。
複雑な表情で降りてきました。
続いて黒山賛歌へ。
惜しくもオンサイトは逃したがキッチリ2撃。
黒山の星つきルートを順調に消化してます。
山口(智)さんは風の子カンテ(10a)のトライ開始。
相原は鯵唐(11c)のトライ開始。

<今日のイレブン>
横澤: 越生ライン(11c)、 黒山賛歌(11b)


第38回活動 12月17日(日)

 ・黒山
 ・松野、山口(智)、相原

山口(智)さんは風の子カンテのムーブをつなげてレッドポイント間近です。
10aにしてはパワフルなルートですが、前日の横澤君による「ランジ指導」のおかげか、思い切ったムーブもこなしています。
相原はこの日2回目で鯵唐をレッドポイント。松野さんは黒山ブルースへのトライ。

<今日のイレブン>
相原: 鯵唐(11c)


第39回活動 12月23日(土)

 ・湯河原幕岩
 ・土屋、山口(智)、相原

「サンバリー」でクライミング。
桃源郷の一番奥で、あまり行かれないエリアかもしれませんが、なかなか楽しいルートが揃っていると思いました。
私にとっては、4年前に「フリーを集中してやりたい」と松野さんに電話して初めて連れてこられた懐かしのエリア。
あの頃は5.9も登れなかった。

土屋さんは「演歌の花道 10c」をレッドポイント。
山口智さんは「グレゴリーおじさん5.9」をレッドポイント。
相原は「マザースカイ 11b」にヌンチャクをかけるために隣の「花と月 5.9+」に取り付いたがテンション。
大いにヘコむが、肝心のマザースカイは2回でレッドポイントできました。

<今日のイレブン>
相原: マザースカイ(11b)


第40回活動 12月24日(日)

 ・黒山
 ・松野、山口(智)、相原

山口智さんの「風の子カンテ」、今日中にレッドポイントかと思っていたが、残念ながら完登ならず。
足使いを上手にして力をセーブするのが課題でしょうか。
松野さんは黒山ブルースを一旦中断し、久しぶりに「ウェーブ 12a」にトライ。
やはりトラバース部のムーブが厳しそう。
相原は「ホッとするね 11c」にトライ開始。
出だしのムーブがどうにも分からず、このルートを完登している村上師匠に久しぶりに電話してムーブを教わろうかな、などと言っていたら、ウワサをすれば・・・というヤツで村上さんから年末の湯河原幕岩に参加したいと連絡あり。


第41回活動 12月29日(金)−30日(土)

 ・湯河原
 ・松野、鈴木博、山口智、相原、他2名

平成18年の締めくくりは湯河原幕岩へ。
正面壁でクライミング。
飯田さんや山口さん夫妻も岩場で合流しました。
夜は伊東の某保養所で忘年会を開催しました。


記  相原 



山口:有笠山「しお豆」
山口:有笠山「しお豆」
 
山口:湯河原「グレゴリーおじさん」
山口:湯河原「グレゴリーおじさん」
 












松野:湯河原「スパイダーキッド」
松野:湯河原「スパイダーキッド」
 
横澤:有笠山「いかだ下り」
横澤:有笠山「いかだ下り」
 












相原:有笠山「いかだ下り」
相原:有笠山「いかだ下り」
 
宴会
宴会