八ヶ岳 阿弥陀岳北稜、赤岳主稜

2008/4/12-13
/
[Alternative text]
行者小屋へのアプローチ。しっかりトレースはついているが、、、

[Alternative text]
あまりの天気の良さに雪はぐさぐさ。ずぶずぶハマッて到着は昼近くになってしまった。

[Alternative text]
阿弥陀北稜に向かう。今日は誰も登っておらずトレースなし。何だか新鮮な気分。

[Alternative text]
雪稜を登りつめて岩壁へ。雪質の悪さと浮き石に少し難儀する。

[Alternative text]
2ピッチ目の岩壁は楽勝。これを越えれば阿弥陀岳頂上は目前。

[Alternative text]
2ピッチ目上部は単純なリッジ。

[Alternative text]
お疲れさまでした。

[Alternative text]
3ピッチ目はコンテで阿弥陀岳へ。

[Alternative text]
今日は赤岳鉱泉泊。そしてすきやき鍋なのです。肉うまかったなぁ。

[Alternative text]
天気予報とは裏腹に晴れ。ということで赤岳主稜へ。

[Alternative text]
ここの登りはいつもしんどいのです。

[Alternative text]
遅出したこともありビレイ点には誰もいない。自分たちのペースで準備開始。

[Alternative text]
1ピッチ目を登る。安定しているけれどプロテクションがとりづらいピッチ。

[Alternative text]
つかず離れずのいいペース。空いているのはいいことです。

[Alternative text]
核心?の小クラック越え。あっさり越えて終了。

[Alternative text]
頂上まであと少し。先行パーティに追いつきそうなペースで登り続ける。

[Alternative text]
阿弥陀岳北面。昨日登ったルートも丸見え。

[Alternative text]
登攀終了。お疲れさまでした。

山行フォトページTOPヘ