海金剛 スーパーレイン

2008/11/30
/
[Alternative text]
雲見”夕陽と潮騒の岬”オートキャンプ場(注意:ルート図に紹介されている雲見オートキャンプ場ではない)に駐車していざ出発。

[Alternative text]
前回下見しているだけにさっくり下降点へ。

[Alternative text]
フィックスを使いつつクライムダウン。

[Alternative text]
出発準備中。この日は風が強くて肌寒かった。

[Alternative text]
いよいよ出発、1P〜2Pを継続する(土屋リード)。最初数メートルは快適なクラック。

[Alternative text]
ん、ブッシュがうるさくなってきたぞ?

[Alternative text]
途中はブッシュの中を漕いでいく。

[Alternative text]
抜けるとすっきり。おそらく足元の木が1Pの終了点。

[Alternative text]
1P目終了点からは右側へスラブトラバース。

[Alternative text]
こんな感じでトラバース。

[Alternative text]
2P終了点から3P取付まではコンテで10mほど右へ移動。

[Alternative text]
3P目(玉田リード)、少し登ったところから取付を見下ろす。

[Alternative text]
ルートはど真ん中をつっきってブッシュの左(下部要塞が見えているあたり)へ抜ける。

[Alternative text]
3P目終了点にて。だんだん高度があがってきているのがわかりますね。

[Alternative text]
4P目(土屋リード)、右上するアンダーフレークを登る。

[Alternative text]
マツの木あたりで直上するクラックへ。

[Alternative text]
上にいくほど幅が少しずつ拡がるクラック、フィストと足を決めてぐいぐい登る。

[Alternative text]
5P目(玉田リード、下降時の写真を流用)、かの有名な先人クラック。明瞭なフィンガークラックをつなげていく。2段目の小ハングでガバと思える岩(黄矢印のあたり)は動くので注意。

[Alternative text]
先人クラックを抜けたところから取付を見下ろす。段段具合がよくわかる。

[Alternative text]
上部は岩ヒバ帯。結構ボロいのとプロテクションがとりづらいので注意して登る。

[Alternative text]
いい景色ですね〜〜〜

[Alternative text]
6P目(土屋リード)、下部要塞右端のワイドクラックを登る。出だし数手のみワイドクラックのムーブ。

[Alternative text]
中間部から上は豊富なホールドを使い豪快な立体ムーブで突破。楽しい!

[Alternative text]
抜けてしまえばなんてことない階段クライミング。

[Alternative text]
7P目(玉田リード)、ルート図でいう「出だしの一歩が核心」(写真撮り忘れ)は大したことなくガバとって終了。それよりも抜けてから終了点までのフェースの方が辛めかも。

[Alternative text]
終了点からは富士山が丸見え。もう積雪シーズンですね。

[Alternative text]
下降開始。ロープが右に流れているのは強風のため。

[Alternative text]
いろいろあって取付到着は夕方に。夕陽に染まる海金剛。

[Alternative text]
黙々と帰途につく2人。振り返る気力も無くなった?

[Alternative text]
前回(下見)と今回駐車場を使わせてもらったのはここ、雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場。駐車場のみ利用は1日500円。

山行フォトページTOPヘ