尾瀬 景鶴山〜平ケ岳

2009/5/3-4
/
[Alternative text]
御池駐車場。例年より雪が少ないようだ。

[Alternative text]
尾瀬御池ロッジ。ここのトイレはウォシュレットだった。

[Alternative text]
燧ケ岳への登路と分かれ尾瀬ケ原方面へ。

[Alternative text]
裏燧林道

[Alternative text]
天神田代で最初の休憩。

[Alternative text]
裏燧林道から燧ケ岳を望む。

[Alternative text]
裏燧橋

[Alternative text]
温泉小屋

[Alternative text]
赤田代からこれから登る尾根を望む。正面右手の鞍部から取付く予定。

[Alternative text]
三条の滝〜尾瀬ヶ原の標識。

[Alternative text]
標識を外して左に寄りすぎた。戻って尾瀬ヶ原に出た。

[Alternative text]
尾瀬ヶ原から望む燧ケ岳。

[Alternative text]
やっと東電尾瀬橋が見つかった。只見川を渡ると向こうは新潟県。

[Alternative text]
川を渡り右へ行き尾根の鞍部を目指す。

[Alternative text]
急登を登り福島、新潟の国境稜線を行く。三角のピークが景鶴山。

[Alternative text]
尾根上から尾瀬ヶ原と燧ケ岳を望む。

[Alternative text]
景鶴山は環境保護のため入山禁止となっており登山道もない三百名山である。

[Alternative text]
至仏山を望む。

[Alternative text]
景鶴山の登り。最後は露岩と潅木の嫌な登り。

[Alternative text]
景鶴山の頂上にて。

[Alternative text]
頂上よりこれから目指す平ケ岳を望む。

[Alternative text]
景鶴山の頂上にて。

[Alternative text]
頂上より尾瀬ヶ原。

[Alternative text]
頂上より燧ケ岳。

[Alternative text]
登ってきた登路を見下ろす。ここまでは思ったより人にあったがこの先1人会っただけだった。

[Alternative text]
大白沢山を超えビバーク。翌朝はガスの中だった。

[Alternative text]
ガスの中、方向を間違え平ケ岳への道が分からなくなった。平ケ岳へ向かう山スキーパーティと会い助かった。

[Alternative text]
白沢山へ向かう。

[Alternative text]
ガスも少し晴れてきた。

[Alternative text]
白沢山から平ケ岳。

[Alternative text]
平ケ岳への最後の登り。

[Alternative text]
平ケ岳最高点の2141m地点。ソーラーパネルは何のため?

[Alternative text]
ガスの中何も見えない。

[Alternative text]
山頂の標識は少し下がった2139.6mにある。

[Alternative text]
ガスの中何も見えない。

[Alternative text]
山頂の標識は雪の下。山スキーパーティと別れた後は誰にも会わなかった。

[Alternative text]
山頂から下り玉子石への分岐。

[Alternative text]
池ノ岳から平ケ岳を望む。

[Alternative text]
池ノ岳からの長い下り。

[Alternative text]
下台倉山からの平ケ岳。ここより直角に右へ下る。

[Alternative text]
平ケ岳登山口へ降り立った。ここより御池まで開通していない車道を4時間歩く事になる。

[Alternative text]
途中ミズバショウが咲いていた。

[Alternative text]
桜も咲いていた。

[Alternative text]
1時間で尾瀬口山荘に着いた。ここからが死ぬほど長かった。

[Alternative text]
御池に着いたのは7時を回っていた。お疲れ様。

山行フォトページTOPヘ