チンネ左稜線

2009/8/22-24
/
[Alternative text]
前夜の雨からは想像できない晴れ。いい感じ。

[Alternative text]
始発バスに乗るべく並ぶ人人人。お盆休みよりましか?

[Alternative text]
黒部ダムでしばし放水見学。

[Alternative text]
室堂で水補給。日差しが痛いくらい暑い!

[Alternative text]
雷鳥平から別山乗越へ。

[Alternative text]
剱沢は右からが近道ですよ!

[Alternative text]
新しくなった剱沢小屋。中はまだ新築のにおいがしてました。

[Alternative text]
剱沢の下降開始。平蔵谷手前までは雪を踏まずにガレ伝いで。

[Alternative text]
この少し先で雪渓に突入。

[Alternative text]
それでは長次郎谷を登っていきましょう。

[Alternative text]
4峰あたりで雪渓がとぎれていたため左側の岩を伝って上部へ。上に見えるのはCフェースの下山組。

[Alternative text]
熊の岩まであと少し・・・のはずなんですが。

[Alternative text]
熊の岩は誰もおらず貸切状態。3人用テントで10張ほどの整地面あり。

[Alternative text]
軽量化のためツェルト泊。

[Alternative text]
狭いながらも楽しい我が家?

[Alternative text]
今日は長丁場。まだ星が見えるうちから活動開始。

[Alternative text]
熊の岩を出発し長次郎谷右俣へ向かう。

[Alternative text]
雪渓とガレをつないで池ノ谷乗越へ。

[Alternative text]
池ノ谷乗越到着。

[Alternative text]
不要な荷物をデポしていざ出発。

[Alternative text]
池ノ谷側へ下降していく。

[Alternative text]
お世辞にも快適とはいえない下降が続く。

[Alternative text]
左側の突端(赤矢印)がチンネの終了点。終了点からはクライムダウン(黄色破線、場合により懸垂下降)で戻ってくることができる。

[Alternative text]
ここまで来たら下りすぎ。赤線あたりでトラバースすれば三ノ窓に到着する。

[Alternative text]
三ノ窓からチンネ全景を望む。

[Alternative text]
取付に向かって雪渓をトラバース。

[Alternative text]
取付からの三ノ窓方面の図。

[Alternative text]
貸切につきゆったりと登攀準備。

[Alternative text]
1P目(玉田リード/日本の岩場新版1〜2ピッチ目相当)、結構クラックがあるのでカムが有効に使える。

[Alternative text]
2P目(玉田リード/日本の岩場新版3〜4ピッチ目相当)、フェースといいつつもクラックやガバカチが多数あるので楽。

[Alternative text]
2P目終了点手前。

[Alternative text]
3P目(玉田リード/日本の岩場新版5〜6ピッチ目相当)、正面の小ルンゼに突入して上部へ。本来ルートはちょっと手前で左側ピナクルに入り込む模様。

[Alternative text]
4P目(久保田リード/日本の岩場新版7ピッチ目相当)、縦走路みたいなリッジ。これからまっすぐ上へ登っていく。

[Alternative text]
5P目(久保田リード/日本の岩場新版8ピッチ目相当)、ガバながらも所々ぼろいので気をつかう。

[Alternative text]
6P目(久保田リード/日本の岩場新版9ピッチ目相当)、フェースというよりもガバがたくさんあるカンテのような?

[Alternative text]
7P目(久保田リード/日本の岩場新版10ピッチ目相当)、手前のピナクル群をぬけてT5へ向かう。その先には核心の小ハング。

[Alternative text]
T5にて。近くまで来てみると案外傾斜がゆるめ。

[Alternative text]
8P目(玉田リード/日本の岩場新版11ピッチ目相当)、ザックでムーブが制限されるものの堅いガバカチを使ってフリー突破。

[Alternative text]
8P目終了点より。大分高度をかせいでいるのがわかりますね。

[Alternative text]
9P目(山本武リード/日本の岩場新版12ピッチ目相当)、岩峰は巻かずに正面突破していく。

[Alternative text]
10P目(山本武リード/日本の岩場新版13ピッチ目相当)、ここも正面突破していく。

[Alternative text]
11P目(玉田リード/日本の岩場新版14ピッチ目相当)、リッジに近いがガタガタしているのでロープの流れには要注意。

[Alternative text]
12P目(久保田リード/日本の岩場新版15ピッチ目相当)、いよいよ終了点へ。

[Alternative text]
終了点にて。その1。

[Alternative text]
終了点にて。その2。

[Alternative text]
終了点にて。その3。

[Alternative text]
池ノ谷乗越まで戻って北方稜線経由で剣岳へ。そろそろお疲れ状態。

[Alternative text]
誰もいない剱岳に到着。写真だけ撮ってさっさと剱沢へ向かい本合宿は終了。

山行フォトページTOPヘ