屏風岩 雲稜ルート

2010/8/13-14
/
[Alternative text]
上高地で入山届を出しましょう。

[Alternative text]
曇り空のもとてくてくと。

[Alternative text]
横尾到着。

[Alternative text]
屏風岩は曇ったり晴れたり。

[Alternative text]
濡れてなければいいんだけど・・・

[Alternative text]
渡渉点の岩小屋へ向かう。

[Alternative text]
岩小屋に到着、割れ目が気になる久保田。

[Alternative text]
今日はまだ誰も取り付いてないようだ。

[Alternative text]
梓川の渡渉。水はびっくりするくらい冷たい。

[Alternative text]
果敢にも裸足で渡渉する久保田。

[Alternative text]
あまりの冷たさに撃沈。

[Alternative text]
白の明瞭なガレ場に入っていく。

[Alternative text]
涸れた沢を詰めていく。

[Alternative text]
高山植物に癒されながら高度をあげていく。

[Alternative text]
ガレ場も徐々に斜度があがる感じ。

[Alternative text]
ルートが見えてきた。

[Alternative text]
最後は雪渓端をつめた方が楽。

[Alternative text]
T4尾根取付に到着。

[Alternative text]
アプローチ1P目。アプローチの一部といえども以外と悪い。

[Alternative text]
アプローチ2P目。ガバだらけだけど濡れている時はつるっと滑るので注意。

[Alternative text]
アプローチ2P目中間部あたり。濡れていなければ思い切ってムーブ起こせるところ。

[Alternative text]
アプローチ3P目。樹林帯を抜けていく。このあと開けたところで切ってアプローチ4P目を登ればT4。

[Alternative text]
ようやくT4到着。

[Alternative text]
早速雲稜ルートへ。

[Alternative text]
1P目。荷物が無ければ楽しいフリーなのだが。カムも決め所多々あり。

[Alternative text]
2P目。リードはこの後右に行ってしまうので見えなくなる。

[Alternative text]
ここまで右上気味に登り、左上して扇岩テラスへ。

[Alternative text]
扇岩テラス。

[Alternative text]
3P目。べっしょり濡れてフリールートはトライすら不可。

[Alternative text]
リングの飛んだボルト頭にかけられた細スリングを信じてアブミ登高する。

[Alternative text]
細スリングが切れないことを祈るばかり。

[Alternative text]
4P目。さすがに暗くなってきた。ビレイ点から直上して右トラバース、踏み跡をたどって上にいけば終了点のテラスに到着。

[Alternative text]
4P目終了点。2人安定して座れるスペースがある。さてビバークトレの準備をしましょうか。小雨が気になるけれど・・・

[Alternative text]
結局雨はやむことなくざーざー降り。仕方ないので下山しましょう・・・

[Alternative text]
何も見えません・・・

[Alternative text]
スラブというスラブには滝が。ここでついにデジカメ故障。この後のシャワー懸垂、増水梓川渡渉を残すことができず残念。はたして雲稜登り切るのはいつになるやら・・・

山行フォトページTOPヘ