西穂高岳〜奥穂高岳

2010/9/18-20
/
[Alternative text]
下の駐車場は一杯のため鍋平に停車して出発。

[Alternative text]
しらかば平駅から乗車。観光客に混じって上へ。

[Alternative text]
西穂高口到着。ガスガスで展望なし。

[Alternative text]
昼過ぎでテン場はいっぱいに。

[Alternative text]
荷上げしたビールでくつろぎタイム。今回は控えめに6本+焼酎。

[Alternative text]
17時を過ぎると小屋前もテント村。

[Alternative text]
まずは西穂高岳に向けて出発。西穂山荘は流れる雲の中。

[Alternative text]
独標あたりで日の出を迎え、西穂高岳へ歩を進める。

[Alternative text]
西穂高岳到着。

[Alternative text]
この先基本的に稜線沿いを歩く。

[Alternative text]
西穂高岳(左)と笠ヶ岳(右)

[Alternative text]
安定した場所でルート確認。

[Alternative text]
エアリアでいう赤石岳手前の長い鎖場か?西穂から奥穂に向けては下降となる。この後右手側にトラバース。(以降西穂から奥穂に向けての動きで記述)

[Alternative text]
まだまだ先は長い。

[Alternative text]
エアリアでいう間ノ岳先の鎖場か?ぼろい岩もあるので慎重に下降。

[Alternative text]
降りてから見るとこんな感じ。

[Alternative text]
歩いていくと逆層スラブが見えてくる。

[Alternative text]
間天のコル付近より。まさに逆層。

[Alternative text]
見た目よりスタンスが多く登りやすいが、最後は鎖を使った方が無難。下降する方々は鎖使いっぱなしの方がよいでしょう。

[Alternative text]
天狗の頭到着。道標があるとは思わなかった。

[Alternative text]
せっかく登ったのに約80m下降する。

[Alternative text]
天狗のコル。避難小屋跡は岳沢側。

[Alternative text]
避難小屋跡。避難といってもあんまり居たくない感じ。

[Alternative text]
避難小屋跡から岳沢へのガレ場。それなりに踏み跡はあった。

[Alternative text]
天狗のコルから登り直し。後ろは天狗の頭。

[Alternative text]
エアリアでいうルンゼ内の鎖場か?登りは鎖を使わなくてもいける。

[Alternative text]
コブの頭まであと一息。

[Alternative text]
コブの頭からジャンダルムを望む。

[Alternative text]
ジャンダルム直下。鎖を使って右トラバースで奥穂へ。左トラバースでジャンダルム頂上へ。

[Alternative text]
左トラバースはこんな感じ。20mほどトラバースしてから右上する。

[Alternative text]
ジャンダルム頂上到着。あまりにも気持ちよく小1時間ほど昼寝。

[Alternative text]
奥穂へのルートをチェック。赤点線に人影が。

[Alternative text]
どうやら赤点線を登り、黄点線の裏面を下降するようだ。

[Alternative text]
奥穂へ向けて出発。これは左トラバースを真横から見たもの。上部からの落石(落ちてくる岩はどれも大きい)に注意。

[Alternative text]
ジャンダルムをトラバース。鎖が無いので注意。

[Alternative text]
さっき観察したセクションに到着。近くまでくるとそれほど立っていない。

[Alternative text]
ガレ場を歩いて接近。

[Alternative text]
スタンスは豊富、鎖が無くても登れる。

[Alternative text]
振り返ると細身のジャンダルムが。

[Alternative text]
登ったら下降。ザレているので落石に注意。

[Alternative text]
白×が見えるまで下降する。降りたら右へ。

[Alternative text]
回り込むと次の登りが見えてくる。赤点線がライン。登れるのか???

[Alternative text]
そこまでのトラバース&下降もそれなりに悪い。

[Alternative text]
下までくるとさほど悪くないことがわかり安心。

[Alternative text]
思いのほか人が歩いており続々とやってくる。

[Alternative text]
いよいよ馬の背。

[Alternative text]
すっぱり切れているがスタンス豊富で登るには問題なし。下降する時はどうしても気を遣うところ。

[Alternative text]
なんてことない稜線歩きで奥穂高岳へ。

[Alternative text]
歩いてきた道を振り返る。冬季は大変そうだ・・・

[Alternative text]
この日の展望は最高。とはいえ今日もテン場問題があるのでごった返す奥穂高岳から早々に退散。

[Alternative text]
奥穂山荘のハシゴ渋滞。なんだかんだで1時間ほど並んだか?

[Alternative text]
ハシゴ渋滞はこんな感じ。

[Alternative text]
そして今日もテントがいっぱい。小屋前もテント村に。

[Alternative text]
早朝からの雨が弱まってきたところで白出沢から下山開始。

[Alternative text]
白出沢と荷継沢の合流地点。白出沢を降り続けないよう注意。

[Alternative text]
正しいルートには道標あり。

[Alternative text]
しばし急坂を下ると鉱石沢を横切る。足場はイマイチ良くない。

[Alternative text]
ここから先は路肩歩行に注意。落ちたら結構な距離あり。

[Alternative text]
重太郎橋は流されず残っていた。

[Alternative text]
下からみたらこんな感じ。

[Alternative text]
林道分岐に到着。後はたんたんと歩くのみ。

[Alternative text]
新穂高の湯にも立ち寄ってみたが・・・・・

[Alternative text]
湯量少なく残念ながら断念。

[Alternative text]
代わりにヘルシーランド奥飛騨タルマの湯で汗を流して終了。

山行フォトページTOPヘ