鹿島槍ヶ岳東尾根

2011/5/14-15
/
[Alternative text]
大谷原の駐車場を出発。

[Alternative text]
明日はあの稜線歩きだ。

[Alternative text]
ここの分岐、右斜面をよく見ると・・・

[Alternative text]
なにやら看板がある。

[Alternative text]
「鹿島槍東尾根冬用登り口」を示す看板だった。

[Alternative text]
取付の目印はダムと看板。

[Alternative text]
看板に印あり。

[Alternative text]
急登が始まる。

[Alternative text]
赤テープをたどって稜線へ向かう。

[Alternative text]
稜線まで登ると残雪あり。

[Alternative text]
稜線は残雪を踏んでひたすら高度を上げていく。

[Alternative text]
徐々に樹林がうすくなる。

[Alternative text]
所々急斜面があり気が抜けない。

[Alternative text]
一ノ沢の頭に到着。

[Alternative text]
時間があるので歩を進める。出だしから急斜面を下降。

[Alternative text]
二ノ沢の頭までとことこ歩く。

[Alternative text]
二ノ沢の頭手前の広場に設営開始。

[Alternative text]
夕食はすき焼き。1kgの生肉はぺろりと無くなった。

[Alternative text]
夜半から朝まで続いた大雨&強風&雷に耐えて朝を迎える。

[Alternative text]
岩峰目指して出発だ。

[Alternative text]
この先が二ノ沢の頭。

[Alternative text]
二ノ沢の頭から急斜面を下る。

[Alternative text]
第一岩峰目指して急登を登る。

[Alternative text]
振り返れば大雪庇。トラバース時は要注意だ。

[Alternative text]
だんだん天気が悪くなってきたが歩をすすめる。

[Alternative text]
第一岩峰が見えてきた。今回雪が繋がっているルンゼ状を直登。

[Alternative text]
第一岩峰中間あたり。雪と灌木のミックスルート。

[Alternative text]
振り返れば以外と高度感がある。

[Alternative text]
50mいっぱい伸ばした先は比較的安定している。まだまだ急登は続く。

[Alternative text]
滑落に注意しながら前進。

[Alternative text]
滑落に注意しながら前進。

[Alternative text]
第二岩峰はまだまだ先。

[Alternative text]
第二岩峰が見えてきた。

[Alternative text]
遠目で見ると立っているが、近くまで来るとそれほどでもないことがわかる。核心といわれるチムニーはさっくりフリー突破。

[Alternative text]
チムニーの抜け口部分。

[Alternative text]
第二岩峰を抜けるとナイフリッジが続く。

[Alternative text]
バランス崩して落ちかける。

[Alternative text]
鹿島槍ヶ岳北峰まではまだまだ長い。

[Alternative text]
強風に耐えて鹿島槍ヶ岳北峰に到着。そそくさと南峰へ。

[Alternative text]
飛騨側から吹き付ける風は激しく、小石もびゅんびゅん飛んでくる。

[Alternative text]
鹿島槍ヶ岳南峰到着。

[Alternative text]
冷地山荘までの長い道のり。ひたすら飛騨側からの強風に耐える。

[Alternative text]
雷鳥に心癒される。

[Alternative text]
冷地山荘付近まで来てようやく一安心。

[Alternative text]
赤岩尾根を忠実に下降開始。

[Alternative text]
出だしはかなりの急傾斜。

[Alternative text]
樹林帯の中の残雪を踏んで下降する。尻セードがほとんどできないのはつらい。

[Alternative text]
赤岩尾根末端に到着。お疲れさまでした。

[Alternative text]
対岸に渡って小1時間で大谷原の駐車場に到着する。

山行フォトページTOPヘ