読売新道

2012/8/16-19
/
[Alternative text]
じっくり見たことがなかったけど小屋の中はおしゃれになったようで。

[Alternative text]
いつみてもうまそうなリンゴ。

[Alternative text]
横尾で一休みして槍沢へむかう。

[Alternative text]
槍沢ロッジでテント泊の手続。

[Alternative text]
小屋の中でドコモが使えた。この先の小屋も基本的には利用できた。

[Alternative text]
ババ平到着。予想以上に混雑していた。

[Alternative text]
本日の夕食はご飯、スープ、キャベツ&ソーセージの塩ダレ炒め。

[Alternative text]
槍ヶ岳へ向けて出発。

[Alternative text]
槍ヶ岳が見えてきた。

[Alternative text]
播隆窟。念仏行者播隆が利用した岩屋らしい。

[Alternative text]
槍ヶ岳山頂。正月とほぼ同じスタイルで。

[Alternative text]
まだまだ先は長いのです。

[Alternative text]
千丈沢乗越まで一気に下る。

[Alternative text]
アップダウンを繰り返しながら双六山荘へむかう。西鎌尾根の西面はこんなにも赤かったのか。この後双六山荘手前で雨になりカメラ収容。

[Alternative text]
双六山荘からもうひと踏ん張り。時間短縮のためやむなく巻き道ルートを選択。

[Alternative text]
三俣山荘キャンプ場に到着、若干天候回復したので外飯。本日の夕食はご飯、スープ、茄子とキャベツの肉みそ炒め。

[Alternative text]
今日も長丁場、早々に出発してまずは鷲羽岳。昨日登頂した槍ヶ岳を遠望。

[Alternative text]
赤牛岳ははるか先。

[Alternative text]
水晶小屋到着。

[Alternative text]
小屋内は綺麗で好感が持てる。

[Alternative text]
道標に読売新道がでてきた。

[Alternative text]
水晶岳到着。だんだんガスがかかってきた。

[Alternative text]
雷鳥の登場。この後まもなく赤牛岳手前で雷雨に襲われることになる。

[Alternative text]
雨雲は安曇野方面に流れていった。雷にあたらないことを祈りつつ赤牛岳山頂へ。展望無し。

[Alternative text]
少しでも早く安全地帯に退避すべく休憩もそこそこに下山。黒部ダムが見えてきた。

[Alternative text]
所々道標あり。5/8地点はロボット雨量計があるところ。装置そのものは奥にある。

[Alternative text]
ドロドロの樹林帯を抜けて奥黒部ヒュッテ到着、明日早出することもあり素泊まり決定。おやこれは・・・?

[Alternative text]
入浴しないなんてことがあろうか?薬師の湯まで待てません!

[Alternative text]
サッパリした後夕食。本日の夕食はバジルご飯、スープ、ミートスパゲッティ。まずはバジルご飯から。

[Alternative text]
次はミートスパゲッティ。

[Alternative text]
朝イチ便を目指して出発。木製ハシゴのアップダウンが続く。

[Alternative text]
夜が明けてきてダム末端がうっすら見えてくる。

[Alternative text]
平ノ渡場に到着。

[Alternative text]
ここを下ると船着き場に出る。元々の船着き場は地震で崩壊したとのこと。

[Alternative text]
時間通りにやってきた。

[Alternative text]
船上で乗員名簿を記入しながら対岸へ。

[Alternative text]
振り返ると崩壊した船着き場(写真左側)が見えた。

[Alternative text]
平ノ小屋側も崩壊していた。

[Alternative text]
結構な崩れ具合だ。

[Alternative text]
平ノ小屋で一休み。

[Alternative text]
平ノ小屋から黒部ダムへむかう。最初の1時間程は木製ハシゴのアップダウンが続き疲れる。

[Alternative text]
ロッジくろよんに到着。ここから先はコンクリの道。

[Alternative text]
てくてく歩いて黒部ダムへ。

[Alternative text]
下界まであと少し、さっさとトロリーバス乗って薬師の湯へ行くことにしよう。

山行フォトページTOPヘ