丸山東壁 緑ルート、右岩稜(敗退)

2012/9/15-17
/
[Alternative text]
2012/9/15 黒部ダム駅の裏口を出て出発準備。なぜかザックは30キロにもなった。

[Alternative text]
側面を下りきったら橋を渡って対岸へ。

[Alternative text]
多少上り下りしながらのアプローチ。

[Alternative text]
約1時間で内蔵助出合に到着。出合の少し上にあるサイレン塔下の広場にベースを設置。

[Alternative text]
2〜3人用テントで3張ほどの広さ。ここが一杯なら内蔵助出合の河原へ。

[Alternative text]
取付までのアプローチ確認に出発。

[Alternative text]
登山道から丸見えの丸山東壁。モチベーションがあがってくる。

[Alternative text]
登山道を離れて1ルンゼ末端に入る。

[Alternative text]
目印は登山道のバツ岩2つ。

[Alternative text]
1ルンゼを詰めていく。

[Alternative text]
ある程度詰めたところで右手側のブッシュへ突入。ケルンがある(かもしれない)。

[Alternative text]
踏み跡をたどって岩壁に近づいていく。

[Alternative text]
もうすぐ取付に到着。

[Alternative text]
取付からの緑ルート全体像。よくよく目をこらすとボルトの直線ラインが見えてくる。軽く2ピッチ程度登るつもりが雨が降り出し慌ててベースへ戻る。

[Alternative text]
本日の夕食は茄子のみそ炒め丼と明太子ポテト。

[Alternative text]
2012/9/16 取付で明るくなるようタイミングを計って出発。

[Alternative text]
1P目 出だし1ピン目がやや遠めな以外は単調な人工。

[Alternative text]
1P目終了点は安定感抜群。

[Alternative text]
2P目終了点より。

[Alternative text]
このピッチも1P目と同様単調な人工。

[Alternative text]
3P目 最初は少し右に回り込む。

[Alternative text]
その後は三日月ハングまで直上。

[Alternative text]
2P目終了点も安定感抜群。暑くなければ昼寝も可能。

[Alternative text]
三日月ハングで先行パーティをブチ抜かせてもらう。3P目終了点は三日月ハング下ではなく三日月ハングを超えてさらに10mほど登ったところが良い。

[Alternative text]
4P目 ここから30m程登ったところにある懸垂可能な終了点まで一直線にリングボルトが続く。

[Alternative text]
中央バンドの末端にある通常なら5P目の終了点。今回勘違いで4P目〜5P目をリンクしたため4P目終了点となった。

[Alternative text]
終了点から20mほどブッシュ帯をすすむとダイレクトルート取付に到着。

[Alternative text]
右手側はホテル丸山。

[Alternative text]
快適な宿泊人数は2〜3人といったところか、トイレは適当にすることになるのでしょう。

[Alternative text]
左手側にトラバースして明瞭な凹角の右面直下から取り付く。間隔は下部ピッチとほぼ同様だがほとんどがRCCボルトのためやや処理が面倒。

[Alternative text]
5P目 日本の岩場ではハング上まで45mになっているが、ロープの流れからすると大ハング直下で一度切った方が良い。ぼろいリングボルト2本とペツルアンカー1本でハンギングビレー。

[Alternative text]
6P目 大ハングの空中散歩にいざ出発。

[Alternative text]
楽しきかな大ハングの空中散歩!!!

[Alternative text]
大ハング抜け口付近で足ブラムーブ。中央バンドの50m上空だけに高度感満点。

[Alternative text]
大ハングを抜けると終了点はすぐそこ。

[Alternative text]
終了点からは中央バンドまで50mの空中懸垂。この後の懸垂はダイレクトルート取付から5P目終了点にいったん降り、以後各ピッチ終了点を利用。

[Alternative text]
ベースに戻って物干し開始。

[Alternative text]
出合で涼みながらビールで乾杯!

[Alternative text]
2012/9/17 右岩稜に向けて出発、緑ルート取付奥の広場から左奥のブッシュ帯に突入して薄い踏跡をたどる。

[Alternative text]
右岩稜取付に到着。日本の岩場に書いてある凹角は草と砂と枯れ木に埋もれていた。少し左手側に回り込んだフェースから登攀開始。

[Alternative text]
全てのホールド/スタンスに堆積物が。クリーニングしながら登るも時間がかかって仕方ない。

[Alternative text]
今日はきちんと帰宅しないとダメなので時間を考えて敗退を決定。所々新しいリングボルトが打たれているので時間さえ許せば抜けられると思う。

[Alternative text]
多少は軽くなったはずのザックを背負って黒部ダムへ。お疲れさまでした。

山行フォトページTOPヘ