三倉岳 〜エリア紹介+番外編〜

2013/12/30-2013/1/3
/
[Alternative text]
テントサイト案内図 その1

[Alternative text]
テントサイト案内図 その2

[Alternative text]
しっかりした造りの炊事場がある。

[Alternative text]
薪も使えそう。

[Alternative text]
水場も併設されている。冬場は使用不可の模様。(2012/12時点)

[Alternative text]
テントサイトの広さは3人用テント〜7人用テントのサイズまで様々。所々テーブルとイスが設置されている。

[Alternative text]
駐車場奥に設置されているクライミングボード。使用禁止になっているのが惜しまれる。

[Alternative text]
三倉岳休憩所(レストハウス)全景。

[Alternative text]
レストハウス正面の登山道を入っていくと数分でAコース/Bコースの分岐に行きあたる。

[Alternative text]
Aコース/Bコースの分岐にて。短い間隔で道標が設置されているのでよほどのことが無い限り迷わないだろう。

[Alternative text]
6合目の道標で右に行けば源助崩れ、左に行けばABCフェース、青白ハング。

[Alternative text]
源助崩れ 猫パンチ(5.10c)、スウィング(5.11a)、もみじ返し(5.10d)の岩。

[Alternative text]
源助崩れ 左端が猫のひめい(5.10b)。

[Alternative text]
源助崩れ 憩いのテラスは快適。アンカー設置されているので回り込んでトップロープのセット可。

[Alternative text]
源助崩れ 左:モアイクラック(5.9)、右:ヒップクラック(5.9)

[Alternative text]
源助崩れ モアイクラック(5.9)の核心ともいえるチョックストーン越え。左側から抜ける。

[Alternative text]
源助崩れ東面 水晶クラック(1P 10b、2P右 11a 2P左 10a)のあるところ。

[Alternative text]
源助崩れ東面 どスラブのルートが3本。ウー(5.11a、右の細いクラックルート)のプロテクションはハーケン。

[Alternative text]
上の岳正面 右ルート、前途多難(いずれもマルチルート)。

[Alternative text]
上の岳正面 ワイドっぽいのがわにの腕立て(5.10c)、その左がノーマルチムニー(5.8)

[Alternative text]
上の岳正面 兵隊クラック(5.10a)

[Alternative text]
青白ハング 右側のクラックに4本のルート。

[Alternative text]
青白ハング 左側のクラックに4本のルート。赤線はモスクラック(5.9)、写真の都合上斜めになっているが実際にはこんなに寝ていない。

[Alternative text]
青白ハング上の左面 どスラブのルートが3本。

[Alternative text]
青白ハングから登山道を挟んで対面にあるルート。門前払(5.7)、触角(5.10c)、シェリー(5.10b)

[Alternative text]
中の岳フランケ下部 K2(5.11a)

[Alternative text]
番外編 三倉岳から約1時間ほどにある「いろり山賊」。味云々よりも雰囲気を楽しむところ。

[Alternative text]
番外編 外のこたつ席。

[Alternative text]
番外編 中の座敷。

[Alternative text]
番外編 座敷があるのはこちらのお城のほう。

[Alternative text]
番外編 干潮時の厳島神社はちょっと残念な姿。

[Alternative text]
番外編 こちらもちょっと残念。

[Alternative text]
番外編 広島といえばやはり牡蠣を食べておかねば。

[Alternative text]
番外編 セルフサービスで焼きまくる。

[Alternative text]
番外編 牡蠣旨し!焼きに慣れてくるともっとプリプリで食べられる。

山行フォトページTOPヘ