HOME > レスキュー > 搬出テクニック 岩場での収容・搬出 引き降ろし
 
  

 
 
 

1.

アンカーにロープを固定し、事故者のハーネスにエイト環をセットする。
救助者がロープを持つ(セットする)ことによって事故者のセルフビレイとなる。

2.

救助者は先に懸垂下降し、下部操作によって事故者を降ろす。
 

強く張ることによって止まり、緩めると動き出す。
実際は強く張っておき事故者が壁を蹴って降りるほうがスムーズである。
「傾斜」、「体重」によって救助者のコントロールがポイントになる。
新人の懸垂の補助としても有効である。
 
 
 
 
1.
アンカーに懸垂ロープをセットし、エイト環のみをロープにセットする。
2.
エイト環にデイジィーチェーンを連結し、チェーンの両端に事故者、救助者を振り分け固定する。
3.
タイイングロープで両者を連結し救助者のロープ操作で下降する。
   
デイジィーチェーンの振り分け位置は、状況によって異なる。通常事故者が短い方が有効。
緩斜面の場合、振り分け部分をフリーにする場合もある。
緩傾斜では事故者を背負い、垂直面では二人共エイト環にぶら下がる形となる。
壁の途中で事故者をピックアップする場合、救助者は下降器を体の上にセットした形で下降する。
この際、事故者用のタイイングロープもセットしておくと良い。
 
 
ページのTOPへ
 
 
1.
事故者に下降側のロープ末端を結び、救助者のセルフを、その上部にユマールでセットする。
タイイングロープを連結する。
2.
ユマールの位置を調整して、事故者を背負う形で下降する。
   
基本的にはダブルロープ式でOKだが、この場合事故者の荷重がメインロープに抜重されるので救助者の負担が軽減されるメリットがある。
操作、セッティングが上記に比べやや難しいので救助者の経験、力量に応じてどちらかの方法を選ぶと良い。
 
 
ページのTOPへ
 
 
1.
一人が上で確保する
2.
救助者はデイジーチェーンなどで事故者とタイイングする。
3.
事故者をタイイングロープの上に座らせ抱きかかえると事故者救助者ともに楽である。
4.
確保者の操作で下降を繰り返す。
   
救助者、確保者の作業分担が可能となり、救助者の両手が自由となって抱え込みが可能となる。
先行してポイントを作り、アンカーから効率よく降ろすことができる。
ポイント間の距離がダブルはロープ一本分、シングルはロープ半分である。それにはあらかじめロープの連結部の通過のシステムをセットしておく。