HOME > レスキュー > 搬出テクニック 斜張りシステムの作り方
 
  

   
 
事故地点と下降点との間に斜めにロープを張り、上下のガイドロープでコントロールされた事故者をロープ通しに下ろす。通常は救助者が付き添うので二人降ろす事になる。落石の危険、ロープの切断などを減少する有効な方法である。  
1.
事故者が壁の途中にいる。
2.
壁の上部から三人いる救助者のうち、まずAが斜張りロープ、下のガイドロープを持って下降地点に降りセッティングする。
3.
Bが上のガイドロープを持って事故地点に降りる。事故者を収容して事故者・救助者のハーネスを連結したデイジィチェーンを環付きビナを使いメインロープに掛ける。上下のガイドロープをセットし、メインロープにぶら下がる。
4.
Aが斜張りを別のロープで張り、斜張りのライン上に二人を持ち上げる。
5.
Cがエイト環で上のガイドロープをコントロールしながら二人を下ろす。
その時Aは下のガイドロープでCの補助をする。
急傾斜の場合、下のガイドロープが不要となる場合もある
メインロープがたるむと思われる地点に障害物がある場合(たいていある)その地点にサポート要員を配置しておくと良い。
状況によって下部ガイドロープの操作が不要と思われる場合は救助者Aがサポートに回っても良い。特に沢などで有効。
 
 
1.
メインロープをエイト環で仮固定する。
2.
メインロープにヘッドオンしたスリングを別のロープと連結し、1/3システムによってメインロープを張っていく。
この時メインロープにカム機具などをセットしないこと。回収不能やロープの損傷の恐れがある。
メインロープはあくまでも仮固定でテンションはヘッドオンを介した別のロープに掛かっている。
3.
インロープを張りなおし仮固定する。


Aが二人いる場合1/3システムのストッパーは除外する。
 
斜張りの角度が鋭角(急傾斜)で複数の救助者がいる場合、下部支点の代わりに人間アンカーも可能である。
この場合、角度の変更やロープのテンション解除も自在である。
 
急傾斜になればなるほど下部支点にかかる力が少なくなるので人間アンカーの方が有効になる。支点のセットなどの労力が省けるので時間短縮にもつながる。  
 
ページのTOPへ
 60度 − 0.58
120度 − 1
160度 − 3
180度 − ∞
※ 角度は120度では過重分散することにならず120度以上では過重よりも大きくなるため意味がない。60度以内が望ましい。  
 
搬送テクニックへ