HOME > 沢登り > 2002年度活動報告
 

第一回ゴル突山行(定例山行)
場 所
日 時
メンバー 
:川内・下田 早出川支流、中杉川
:7月20日〜22日
:松野(L)・常世田(S.L)・羽場・西山・矢野・山本(裕)
松野 記

第1日目(7/20)

夜の泊まり場であるサクランド温泉を後にして、早出川ダムを目指す。しかし、3時すぎまで入山祝いをやっていたので、睡眠不足である。丸子橋までの道は恐怖のヒル地帯であるため、ガムテープを巻き付けたり、西山の新兵器「ヒルファイター」を吹き付けたりして、完全武装になる。
 金ヶ谷に降り立った場所で休憩、ここまでは順調なペースで来たものの、入山祝いのやりすぎか、気温のせいか全員疲れ気味である。ここから丸子橋までは、アップダウンが多く丸子橋の分岐まで来たときには、いい加減イヤになってしまった。
 この時点で、西山は完全にグロッキー状態(気を失いそうになっていた。)であり、羽場は切れ落ちている場所から転落しそう(すぐ下の木が無ければ、本当に致命傷になっていたと思われる。)になるし、すごい状態(敗残兵と言おうか、ゾンビの集団と言おうか)で早出川本流に降り立った。
 正直言って、西山の状態次第では山行中止を宣言しようと思いました。しかし、水に浸かると西山の状態は、急速に回復した。「カッパの気持ちが良くわかった。」と彼は言った。
 

「カッパの気持ちがよくわかる人々」
 
 
いよいよ中杉川出合にむかって出発するが、いきなり淵を流れ下るという過激なスタートとなった。「子落としの滝」の手前で昼食にする。羽場の「みんなを喜ばせる1品」のミカンが美味しい。「子落としの滝」は直登した記録もあるが、我々は今日中に広河原まで行きたいので高巻く。
 ふたたび本流にもどると、何年か前に見た「純白の岩、青い水」の素晴らしいゴルジュが私を迎えてくれた。この長大なゴルジュ帯を泳ぎ、滝を攀じ登った。ホリンド沢手前の淵は突撃隊長の常世田が行くが、激流に跳ね返されてくる。新戦力の矢野を突撃させる。激流に耐えながらボルダリングで鍛えた瞬発力をいかしてみごとに突破する。みんなでニューヒーローの誕生に拍手喝采の大騒ぎ。教祖である松野が「突撃係長」にその場で昇進させた。後続はザイルに引かれて楽をする。ゴルジュ帯のきれたところで、幕場を見つけ、本日の行動を終了する。岩魚の刺身と岩魚汁の夕食でした。夜半より雷雨になり、鉄砲水を警戒しながら寝る。


「突撃係長、誕生の瞬間」

第2日目(7/21)

にも雨が降りそうな天候のなか、予定どうりナラムト沢を詰めてホリンド沢を下降するか、幽沢を詰めて木六山経由で下山するか迷いながら出発する。しかし、すぐに雨が降ってきたので、ナラムト沢は出合だけを確認して、幽沢まで行く。ここで、昼食を食べながら最終判断をすることにした。雨が本降りになってきたので、タープを張ると、みんなくつろぎはじめてしまった。さらに、酒のリーダーの常世田から何やら美味しい飲み物まで回ってくる始末。リーダーとしてルートの最終判断をしなければならないのだが、そのうちシュラフカバーを出しはじめる奴が出てきそうな雰囲気に予定変更を宣言する。
 そうとなればあちこちから食べ物がでてきた。パイナップルや洋ナシまででてくる。松野も「みんなを喜ばせる1品」としてトマトを出した。ゆっくり休憩した後に出発し、時間的に少し早いが、平らな場所を見つけ、土木工事をして立派な幕場を作り上げた。夕食には岩魚はないが、羽場が取ってきた山菜をつまみにしたり、味噌汁に入れたりして山の幸を楽しむ。後は、西山のキノコの勉強を待つばかりだ。来年は期待しよう。

第3日目(7/22)


配していた雨は上がり、気持ちの良い天気になりそうな空の下、朝食の準備をする。今回の山行では、山本が良く食事を作ってくれた。ゴル突の炊事隊長に是非なってもらいたいものです。
 我々の土木工事のおかげで素晴らしいビバーク地になった場所を出発し、稜線を目指す。常世田の的確なルート判断で、たいした薮こぎなしに昼前に稜線に出る。木六山への分岐では水無平への道を選んだが、杉川の駐車場の手前でかなりヒルに襲われた。チャレンジランド杉川の駐車場にてヒル退治をする。反省会の場所を近くのサクランド温泉にしようかと思ったが、羽場がどうしても会いたい女性がいたので、八木鼻の近くの温泉になった。7時より反省会を開始、10時にお開きとした。
 今回の中杉川は、初日のアプローチからトラブル続きで、どうなってしまうのかと思ったけれども、さすがゴル突のメンバー、水に入るとよく個々のメンバーが昨年の経験を生かして行動してくれたと思います。特に西山の登攀力、矢野の水流を突破する力(私もボルダリングをやる必要性を感じました。)の高さと、羽場のルートを読む目は特筆すべきことであった。
 今回の山行で、私は意図的に新しい人が力を発揮できるようにした。人が登った所を後からついていくだけでは、実力はつかない。水流の突破には矢野を行かせ、時々先頭を西山にさせるように常世田には言っておいた。その成果を来年に期待したい。いずれはこの人達に、ゴルジュ突破会を引き継いでもらわなくてはならないのだから。
 私にとっては、2度目の中杉川であったが、今回のほうが充実感がありました。
同行してくれたメンバーに感謝、そして「純白の岩と青い水のゴルジュ」よ永遠に、ああ!中杉川
 

 今回の山行を計画するにあたって、私が考えたこと及び指示したこと
アッセンダー(ロープマン等の軽量なもの)の携行を義務づけ、それを徹底させること。
大人数のパーティにおいて、スピーディな行動ができるようなオーダーをどのようにするか。(今回のメンバーでは、ほぼ理想的なオーダーが組めた。) また、それを守って行動することの徹底。(多くの事故は、これが滅茶苦茶 になった時に起こっている。)
いつまでもベテランが引っ張っていては、新しい力が育たないので、若い力を積極的に使う。